『現在⇒職人!』仲田幸司が結婚した嫁(妻)が美人!娘の存在や父親との関係性が!

阪神選手90年代
虎次郎
虎次郎

今回は元阪神の仲田幸司の現在活動や、結婚した嫁(妻)が美人だった!娘の存在や父親との関係について言及していきます!

仲田幸司と言えば左の時期エースと呼ばれた逸材だったんですが、今現在は何と建築業をしているんだとか^^:

結婚した彼の嫁や娘など子供達は今どうしているんでしょうかね?

父親とも意味深な関係があるようですから、とりあえず見ていきたいと思います!

仲田幸司の現在が建築職人!?激変しすぎじゃね・・

虎次郎
虎次郎

97年、仲田はロッテから戦力外通告を受けました。。

出典https://www.youtube.com/

阪神タイガースから内定をもらい、入団する手はずが整っていたはずが、投手として登録された遠山か仲田、どちらかしか登録を考えていなかった阪神は遠山だけと契約、33歳という若さで仲田は現役を退きました。

その翌年から2006年まで、仲田は毎日放送の野球解説者として活動を開始。

Dプロモーション(現在のイゼル株式会社)に所属し、講演活動や関西ローカル番組に出演したりと、主にタレントとして精力的に活動していました。

仲田幸司

仲田幸司

しかし、その仕事では心を満たされることがなかった仲田幸司。

2006年に所属事務所と仲違いを起こし、定職であった野球解説者の職を失ってしまいます。。

4年間、手に職がなく貯金を切り崩しながら生活をしていたようですが、その貯金も底をつき、途方に暮れていたところ、元阪神レジェンドテラー掛布雅之のマネージャーを務めたこともある、西浦丈夫さんが経営する建設会社「山河企画」に入社!

仲田幸司/現在

仲田幸司/現在

まさしく阪神での縁が繋いでくれた入社でした^^

しかし、やはり野球には従事していました。

山河企画に勤務する傍らで、社会人野球チームである京都ジャスティスで投手コーチを務めていました。

真面目に働き、野球を趣味程度とはいえ嗜める程度に、今は余裕があるようですね。

仲田幸司が結婚した嫁(妻)は晴美!離婚した?

虎次郎
虎次郎

2004年12月25日、仲田幸司は大阪の一角で、奥様と「豆乃屋」という、豆腐の創作料理店を開いていました。

奥様の名前は晴美さん、宝塚歌劇団が好きで、人とコミュニケーションをとることが大好きな、すてきな奥様でした。

仲田幸司/嫁

出典http://blog.livedoor.jp/

創作豆腐料理専門店の常連さんのお話では、いつもメロメロで仲睦まじいご夫婦であったようです。

しかし、2006年。仲田の解説者としての仕事が減り始めていたころでした。。

そのせいで、焦りからなのか仲田の性格がだんだんと歪んでいってしまいました。

家庭を顧みなくなり、お酒に逃げ、その結果家族とのすれ違いが頻発するようになりその後、嫁とは離婚する羽目になってしまいました。。

仲田幸司

仕事がなくなり、それで現実逃避をしてしまうのは解らなくはありません。

しかし、抱え込んでしまっては元も子もありませんね。

仲田幸司に娘(子供)の存在が?

虎次郎
虎次郎

97年、それは仲田幸司がロッテから戦力外通告を受けた年ですでに仲田は戦力外を受けた時点で引退を決意、このまま家族とともに第二の人生を歩んでもいい、そう考えていたのでしょう、

しかし、そんな中でもう一度、もう一度だけユニフォームを着る決意を抱きました。

仲田幸司

仲田幸司

それは、娘さんの一人からの言葉が後押しになったのです。

もう一度、パパのユニフォーム姿が見たい

阪神時代にはまだ幼く、球場に連れて行ってもすぐに飽きて帰ってしまうほど、野球には興味がなかった娘さん。

その子が小学生になり、野球に少しは興味を持ってくれたのか、その言葉を聞いた仲田はもう一度、心に灯がともりました。

古巣であった阪神の入団テストを受け、3日間あるうちの2日目ですでに内定が確定していました。

もう一度、娘にユニフォーム姿を見せられる、その喜びもあったでしょう。

しかし、それはぬか喜びになってしまいました。

ロッテを同じ時期に戦力外通告になっていた遠山もまた、阪神の入団テストを受け、すでに内定が確定しています。

遠山昭治

遠山は、打者としては不合格だったのですが、当時の吉田監督が遠山を投手として再テストを受けさせたのです。

仲田は遠山と同じブルペンで投げ、何となく不穏な空気を感じ取っていたようです。

阪神の方針として、テスト入団させるのは投手1名のみ、そして選ばれたのは遠山でした。

テスト終了後、一人ずつ部屋に呼ばれて行きます。

仲田はマネージャーから「最後に来てくれ」と告げられ、結果は内定をもらっていたはずなのに不合格が告げられました。

結果として、阪神は遠山を獲得することになり、仲田は解説者へと転向。

仲田幸司

仲田幸司

外から野球を見ることになり、結局娘さんにもう一度ユニフォーム姿を魅せることはかないませんでした。

しかし、その娘さんともお別れすることになります。

2006年、酒に逃げ、家族とのすれ違いが多くなった仲田は奥様である春美さんと離婚、3人いた娘さんの親権はすべて奥様へと渡ることになりました。

父親として、娘さんと面会出来ていればいいのですが…。

仲田幸司と父親との関係性が意外・・

虎次郎
虎次郎

実は、仲田幸司は純粋な日本人ではありません!

フルネームは「マイケル・フィリップ・ピーターソン」といい、アメリカ人の父親と日本人の母親を持つ、れっきとしたハーフです。

仲田幸司/父親母親

仲田幸司/父親母親

出典https://www.tokyo-sports.co.jp/

アメリカのネバダ州で生まれた仲田は、小学校の頃に日本の沖縄県へと移住、当時はハーフであるということもあり、苛めにあっていたようです。

皮肉なことに、それが野球を始めるきっかけで、「9人と勝負ができる」という理由から、投手を目指すことになりました。

その後、どうやら仲田のお母さんは離婚したようです。

仲田の姓は、母親の再婚相手である養父の名字で、92年ごろにフジテレビ番組であった「プロ野球ニュース」で義父が登場、幼少期について回想していたようです。

仲田幸司

仲田幸司

その際に、仲田はこうコメントをしています。

実父への想いはほとんどない、義父が自分にとって本当の父親である

アメリカ空軍将校であった実父と違い、再婚相手である義父との思い出が強かったのでしょうね。

まだ野球選手になる前、お父様とキャッチボールをしていた光景が、ありありと目に浮かびます。

かつて14勝左腕だったがその後転落した半生・・

虎次郎
虎次郎

92年、阪神タイガースは暗黒期真っただ中でした。そんな中で、仲田は獅子奮迅の活躍を見せます!

出典https://www.youtube.com/

春季キャンプでスライダーを身に着け、制球力を向上させ、そのシーズン一年間を通して一軍で活躍、14勝を記録。

自身初の二けた勝利を収め、チームの優勝争いで活躍を果たしました。

更に、リーグ最多奪三振のタイトルも獲得し、前半戦から快進撃を続けていたことが追い風になり、オールスターゲームにも選出、生涯唯一の出場を果たしました。

仲田幸司/オールスター出場時

仲田幸司/オールスター出場時

しかし、その1年間が仲田の、最初で最後の活躍でした。

その翌年には再び制球力が悪化、4月には長嶋茂雄さんにセリーグ通算3万号ホームランを献上するなど振るわず、結果として3勝12敗、とても前年度の成績とは似ても似つかないものでした。。

94年は復活の兆しを見せ、新人王を獲得した藪の9勝に次ぐ7勝を獲得、そのうち5勝を中日戦で上げるなど、中日キラーの片鱗を魅せました。

しかし、その翌年は再び低迷、白星を挙げる事もできず、わずか9試合の登板に終わりました。

しかし、それにもかかわらずFAを宣言!

理由は阪神から「君のFA権なんて紙切れや」と屈辱的な事を言われたのが最大の移籍理由でした。

千葉ロッテへと移籍、これがセリーグ生え抜きがパ・リーグに渡った初めての例になりました。

パ・リーグに移籍した仲田ですが、そこでも活躍することは出来ませんでした。。

ロッテに在籍していた2年間の中で1勝もすることが出来ず、結局は戦力外通告を言い渡され、現役を引退。

阪神に戻ることが内定していたのですが、チーム方針により投手としてテストを受けていた遠山のほうを獲得することになり、仲田は結果入団することが出来なかったのです。

その後、解説者としての仕事を始めたものの、決して心を満たすものではありませんでした。

ボロボロになるまで野球を続け、現役を引退した自分が”人を解説するなんておこがましい”という、無力感を抱え込み、お酒に逃げ道を求めたのです。。

仲田幸司

出典https://kry.co.jp/

朝からビール、夜には毎晩のように「タニマチ」と呼ばれる阪神の支援者と飲み歩き、そのままバラエティー番組に出演。

そんな自堕落な生活を見咎められ、「あんなのを使うくらいなら売れないタレントを使うほうがマシ!」と、有名女性タレントからも非難されるほどでした。

結果、2006年。仕事も家族も失ってしまいました。。

蓄えていた貯金もなくなり、8歳年下の弟の家に上がり込み、居候のような毎日。

それでも、お酒は手放せなく、このまま死んでしまうのではなかろうか?と、そんな思いがよぎります。

しかし、兄を想う弟の鉄拳が、目を覚まさせてくれたのでしょうか?

2010年、元阪神タイガースの選手であり、ミスター・タイガースと呼ばれていた掛布のマネージャーであった、西浦丈夫さんが経営する建設会社へと入社、再び生気が戻ります。

仲田幸司

仲田幸司

一つ間違ってたら逝っていたかもしれない

と、長い長いトンネルの出口が、ようやく見えてきたようです。

元プロ野球選手であるというプライドを捨てられるか?

社長の言葉が突き刺さり、「何でもやってやる!」と決意を新たに、測量士の資格を獲得。

現在では、現場監督も任せられるようになり、一時のどん底から、ようやく這い上がってこれたようです。

「今の仕事に誇りを持っている」、と胸を張る仲田の瞳はきっと現役時代さながらに輝いているでしょうね。

今後に期待ですね!

コメント