『現在激変!焼肉屋経営!』中込伸が結婚した嫁(妻)は美加!娘は2人!

元阪神選手/現在飲食店
虎次郎
虎次郎

今回は中込伸(なかごみ/しん)の2022現在は焼肉屋経営をしてる?結婚した嫁(妻)は中込美加?娘(子供)は杏樹と麻里衣の2人なのか?について調査していきます!

元阪神で中込伸の今現在は飲食店経営をしているようですが、何やら甲子園の近辺で焼肉屋をしているらしいですね^^

お店の方も結婚した嫁と娘との家族経営だそうで、食べに行けば彼の妻や子供に会える確率はかなり高いんだそうです!

中込伸自身も現役引退後は、かなり体重増加で今は激変しているようで甲子園のマウンドで投げていた面影はあまりないですね。。

今回は、そんな彼の家族関係や今の焼肉店での頑張りについてレポートしていきたいと思います。

中込伸の現在が体重増加で激変!肥え過ぎじゃね・・

虎次郎
虎次郎

中込さんは、現役時代でも巨漢のピッチャーとして阪神に在籍していました。

出典https://www.youtube.com/

現役時代、同僚であった郭李建夫と並んだ写真がありましたが、この時はそこまで巨漢であるという幼な体格ではありませんでした。

中込伸

確かに大きい身体をしているというのはわかります、しかし昨今のプロ野球選手に比べると、そこまで大差がないような感じを受けました。

しかし!

それからしばらくして、台湾リーグで活躍している中込さんや現在焼肉屋をやっている姿から随分と立派に、そしてかなり太ったことが一目でわかるほどです。。^^:

中込伸/現在

中込伸/現在

スポーツ選手はその日々を厳しいトレーニングで過ごしています。

それこそ、体を苛め抜くトレーニングの数々で鍛え上げ、その体を搾り上げます。

コーチであるならば、そこまで厳しいトレーニングは必要ないかと思いますので、この2年間で、中込さんの身体では代謝の低下が起きていたと考えられます。

私も経験があるのですが、筋肉というのは酷使すればするほど、鍛え上げられていきます。

逆に、使わなくなった筋肉はどんどん衰え、そこには脂肪が蓄積されて、エネルギー貯蔵庫になっていきます。

中込伸/太りすぎ

出典https://www.sponichi.co.jp/

野球を引退し、激しい動きを必要としなくなった中込さんは筋肉が衰えそしてエネルギー貯蔵庫である脂肪が蓄積された結果、このように大変お育ちになられたのではないか?と私は考えます。

年齢による代謝の低下もあるかと思いますが、2年間で体重が増加していたとしても、運動、特に筋力トレーニングをを必要としなくなった中込さんならそこまで不思議はないでしょう。

成人病には気を付けてほしいものですね。。^^:

中込伸の今は焼肉店経営!評判は?

虎次郎
虎次郎

中込さんは台湾での活動1年後、日本に戻って甲子園のすぐ近くで焼き肉屋を開業しました!

出典https://www.youtube.com/

元々、そのお店は同僚であり、現在は社会人野球である履正社学園のコーチを務めている、高村洋介さんの店だったのですが、譲り受けたのか、改装して新しく自身の焼き肉屋を始められたようです。

そのお店は今でも実在しているのは確認されていますし、OBである平田勝男や、八木裕田尾安志がたびたびファンの集いを開催し、今でも交流があるようです。

中込伸/焼肉屋

中込伸/焼肉屋

中込伸/焼肉屋

中込伸/焼肉屋

そんな中込さんの焼き肉店ですが、評判はいかがなものなのでしょうか?

中々味の方も上々で良いコメントも多いですね^^

逆に良くない・・・・評判はどうでしょうか?

批判的、というかこれは完全にアンチコメントですね。

おそらく中込さんの、過去にあったいじめ問題や台湾での八百長騒動による有罪判決をうけ、凝り固まった偏見がそうさせたのでしょうか?

実際に行ってみたことのないコメントということも考えられますが、一度味わってみたらきっと、美味しくて盛り上がるようなお店なのでしょう。

実際、このコメント以外に悪いコメントは無かったですね!

店名:伸 甲子園店(SHIN)

住所:兵庫県西宮市甲子園七番町13-7

営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日:不定休

TEL:0798-49-7088

中込伸が結婚した嫁(妻)は美加さん!超美人!

虎次郎
虎次郎

現役時代であった1991年10月、プロ野球がオフシーズンとなったその日、中込さんは後の布陣となる美加さんとの婚約会見に臨んでいました。

その会見では、本当に元々は不良少年であったのかと疑いたくなるようなほどの、さわやかで初々しい微笑みを浮かべる中込さんの姿と隣で笑う美加さんの姿がありました。

その出会いは、89年にさかのぼります。

中込伸/嫁(妻)

出典https://www.sponichi.co.jp/

その年、以前定時制高校であった兵庫県立神崎工業高校。

その当時の同級生の結婚式に参加した際に、神父の友人であった美加さんと出会います。

その時点でひとめぼれした美加さんと出会います。

中込さんは交際を申し込みましたが、その2年目に肘に手術を行うことになります。

しかし、交際中であった美加さんは献身的に、中込を支えたと語っている当たり、お二人は本当に信頼し合っていたのでしょうね。

その支えもあり、中込さんはその次の年についにプロ初勝利を挙げ、一気に主力選手へと駆け上がります。

中込伸

中込伸

交際4年目、92年に当時暗黒時代の真っただ中であった阪神を2位にまで押し上げる原動力となり、中込さん自身も自身のキャリアハイとなる9勝をあげます。

そのシーズン、残念ながら優勝は逃してしまいましたが、200イニングを投げ切った中込さんは、この日ついに婚約会見を開くことになりました。

そして現在、中込さんが開いた焼肉屋で、家族皆で店を盛り上げているようです。

中込伸の娘(子供)は2人!杏樹さんと麻里衣さん

虎次郎
虎次郎

中込さんが開いた焼き肉店では、妻である美加さんと娘さんも働いているようです!

中込伸/娘(子供)

中込さんは以前、デイリーの記事の中で、台湾リーグの八百長問題のことについてコメントを残さ
れています。

その時に、娘である杏樹さんと麻里衣さんのことについてもお話をされていました。

台湾で、勉強熱心な先発ローテーションを担っていた投手に、その仕組みなどを教えていたそうですが、その後にタクシー代として、日本円で5000~10000円ほどの金銭を受け取っていたようです。

まさか、それが八百長の謝礼だとは思いもよらなかったようですが、結果としてそれを認めた中込さんは裁判で有罪判決を受けてしまいます。

無罪を主張し続けていた中込さんですが、このままでは裁判は2年以上かかってしまう、そうなっては日本に帰るのもそれ相応に遅くなってしまう。

それならば、いっそ認めてしまって、執行猶予だからと言って罪が消えるわけではありませんので、犯罪はしながつく可能性があるうちに、罪を認めたほうがいいと弁護士に助言され結果として全面的に罪を認めたのです。

勿論、中込さん自身も冤罪であることは間違いないという認識だったので、やっていないことをやったと認めるのは、苦渋の決断であったらしいのですが一刻も早く家族を養うために日本に帰るために決断したそうです。

中込伸

その記事は、2012年の物であったのですが、当時杏樹さんは18才、麻里衣さんは13才であったということが書かれていました。

そこから計算すると、2022年現在では杏樹さんは28才、麻里衣さんは23才でしょうか?

そのお二人は、「どちらも父親の中込伸さんのお見せのお手伝いをしている」、という情報がありました。

家族経営の焼き肉店、とても気になるお店ですね^^

中込伸のカットボール(真っスラ)は当時スゴかった

虎次郎
虎次郎

中込さんが投手であった時、その武器は巨体から繰り出される「重い」直球であったらしいです。

重い、というのは文字通り、バットに当てたときの衝撃が強く、芯に当てなくてはまともにボールが前に跳びません。

中込伸/真っスラ

その結果、凡打の山を築くことになり、中込さんは所謂「打たせて取る」投手だったということでしょう。

その証拠に、中込さんが生涯を通して記録した投球回数(日本プロ野球、台湾リーグ含めて)1544回を記録していますが、その内三振でアウトを取った数は974個です。

おおよそ、1/3をゴロやポップフライでアウトを取っていることになります。

しかし、何も重い直球だけでそれだけの記録を出したわけではありません。

ただ愚直にストレートだけを投げていても、いずれはアジャストされてしまい、打ち崩されてしまうことは予想に難くありません。

そこで、中込さんは直球の重さをそのままに、わずかに打者の手元で動く球を会得しました。

当時は真っスラ(まっすぐなようでスライダーのようにぶれる球、癖玉とも呼ばれました)と呼ばれていたその魔球、現在はカットボールと呼ばれています。

重い直球でありながら、手元で動き、バットの芯を外すこの魔球が、真の中込さんの決め球だったのでしょう。

ストレートとフォーク、そしてまっスラと呼ばれていたカットボール。

これらを駆使して、凡打を量産した中込さんは1992年に、キャリアハイの9勝をマークし、チーム2位の原動力になったのでした。

今後の焼肉屋を応援したいモノです^^

コメント