【現在ビックリ!】猪俣隆の今は寿司職人?成績や年俸と球種はいかに?

元阪神選手/現在飲食店
虎次郎
虎次郎

今回は元阪神左腕でもある猪俣猛の現在は寿司職人!?今はアメリカで寿司を握りながら生活してる?成績や年俸など当時の球種をチェックしていきます!

猪俣猛をご存知だろうか?

90年代の阪神で将来左のエースとも評された彼の現在は何と寿司職人をやってるらしいのだが、場所が日本ではない!?どこのお店?とツッコミたくなるが今は何とアメリカらしい・・^^:

MAX11勝を挙げた元サウスポーの成績や年俸、球種などそのピッチングフォームは当時独特でした。

今回はそんな彼の生き様から今の様子をピックしていきたい。

猪俣隆(元阪神)現在は寿司職人!?

虎次郎
虎次郎

85年、阪神からドラフト1位指名を受けた猪俣隆。

新潟県出身の選手として初めてプロになった猪俣ですが、プロに入ってからは早速壁へと当たりました。。^^:

出典https://www.youtube.com/

140km/h台のストレートと、無回転でぶれながら落ちていくナックルボールを武器に即戦力として期待されていましたが、キレと制球力が売りであったはずが、度重なる怪我とフォームの改善で逆に悪化、先発だけでなく、中継ぎなどでプロとしてもがき苦しみます。

93年に11勝を上げたのを最後に、プロとしては活躍が出来ずに97年に阪神から戦力外通告を受けてしまいます。。

猪俣隆

猪俣隆

98年には中日へと移籍し、一から出直そうとする者の再び怪我に悩まされ、1年の在籍の後に現役を引退、10年間というプロ生活の中で、活躍できたのは結局93年のみでした。

二けた勝利をできた93年が一番の思い出、シーズンを通してまともな状態だったのはその1年だけでした。

プロ野球人生を振り返り、猪俣はこう述べました。。

中日を退団し、プロ野球の道をあきらめた猪俣さんはアメリカへと旅に出ました。

その時のきっかけで紹介された働き手は、なんと寿司職人でした!

猪俣隆 寿司職人

 

現在は「BLUE OCEAN」と言うアメリカはヴァージニア州、アレクサンドリアのショッピングモール内の店舗で猪俣は働いています!

BLUE OCEAN

出典http://felicia375.blog24.fc2.com/

確かにアメリカでは、日本食が徐々にブームとなっています。

偶然にも、その働き口を猪俣は紹介されていたのです。その後、三重県津市のお寿司屋さんで修業を積み、今一度渡米。

ワシントンD.Cで寿司職人として、再スタートを切ったんですね!

猪俣隆/今の寿司屋での年収はいくら位?

虎次郎
虎次郎

2001年からアメリカに渡り、寿司職人としての再スタートを切った猪俣隆!

中日を退団し、プロ野球を引退した後はアメリカにわたりました。

猪俣隆 寿司職人

猪俣隆 寿司職人

出典http://blog.livedoor.jp/

傷心旅行だったかもしれません、少しでも野球に携わろうとして、マイナーリーグの門を叩こうとし
たのかもしれません。

その情報がないので憶測でしかありませんが、少しでも野球を続けていたかったのではないかと思います。

しかし、その願いは寿司職人になると言うことで、消化されました。

アメリカから一時的に帰国し、三重県津市のお寿司屋さんで2年間修業、その際の手取りはたった9万円程度だったそうです。。^^:

2年間の修行の後、もう一度アメリカへと渡り、お寿司職人として働き始めました。

修業時代に手取り9万円、年収108万円だったそれは現在では年収500万まで増えました!

猪俣隆 寿司

出典http://felicia375.blog24.fc2.com/

プロ野球を辞めて飲食店経営を始める人は多いですが、阪神で言えば湯舟敏郎や川尻哲朗、葛城育郎なんかも飲食店のオーナーとしてやっていますね^^

左利きであったその投手は、右でお寿司を握り、環審ポストに取り上げられるまでになりました。

現地の人は、今の猪俣さんを「寿司界のジミ・ヘンドリックス」と賞賛したんです!

猪俣隆 現在

出典https://killy.biz/

ただ、決して猪俣は野球が嫌いになったわけではありません。その証拠に、お寿司を握っている彼は、野球のゲームを見るたびにこう思うそうです。

メジャーのマウンドに上がってみたかった

と。

猪俣隆(阪神時代)の成績や年俸を見ていこう

虎次郎
虎次郎

猪俣は短い現役生活の中で、このような成績を残していきました。

猪俣隆 成績

猪俣隆 成績

その実働成績は10年程度ですが、この成績を見る限り、奪三振力が非常に高くなっています。

怪我や投球フォームの改悪に悩まされ、決して満足なシーズンを迎えられた時はなかったでしょう。

しかし、ここまでの奪三振力を誇っていたのは、それだけ猪俣さんのナックルが効果的に打者を惑わせていたことの証明ではないでしょうか。

通算では敗北数のほうが多くなってしまっていますが、年間で見るとどんな成績だったのでしょうか?

猪俣隆 生涯成績

猪俣隆 生涯成績

やはり、こうしてみても敗北数のほうが全体を通して多くなってしまっていますね。

また、中継ぎなども試していたということもあり、89年の登板数だけ、かなり大きくなっています。

この年に3セーブを挙げているので、クローザーとしても起用されていたようです。もし怪我がなければ、本当にどんな結果を残していたのでしょうか。

とても気になりますが、現役を退いた今となっては、ただのたらればでしょうか?

ですが、その期待値は非常に大きかったことは、年俸を視ればわかると思います。

猪俣隆 生涯年俸

猪俣隆 生涯年俸

94年の年俸が大きくなっているのが、期待値の表れでしょう。

この前年度は、猪俣が11勝を挙げ、初めてであり最後の2桁勝利を上げた年でもあります!

この翌年からの活躍を見越して、阪神球団は猪俣さんにこれだけの年俸を出したのでしょう。

結果は伴わなかったものの、この年の活躍にファンもワクワクさせられたのではないでしょうか。

猪俣隆の球種やピッチングフォームはどうだった?

虎次郎
虎次郎

猪俣の決め球と言えば、おそらくナックルでしょう。

出典https://www.youtube.com/

左右にぶれながら落ちていくその球は、無回転で非常に打ちづらく、タイミングも外されて芯に充てることは難しい球です。

投球フォームを調べてみると、オーバースロー、所謂投げ下ろし型の投球フォームで、肩の上から勢いよく落ちてくるような制球力の高い、キレのある投球が売りでした。

もしも怪我がなければ、90年代の小林繁と第してエースとなっていたかも知れない逸材であるでしょう。

猪俣隆

曲がりの大きいカーブと小さいカーブ、シュート、スライダー、シンカーと多種多様な球種を使い分け、ストレートは平均140キロ前後と決して速いわけではありません。。^^:

しかし、その奪三振力は高く、もしかしたら奪三振のタイトルをとれていた可能性も、捨てきれないかもしれませんね。

MAX11勝した左腕だったがその後低迷した原因は?

虎次郎
虎次郎

猪俣が過去に最高の成績を叩き出したのは、93年の事でした。

その成績は11勝12敗と、生涯で唯一の2桁勝利を挙げ、今後の活躍に期待されていたと思います。

これに似たピッチャーと言えば、同じサウスポーで90年代メインで投げていた湯舟敏郎ではないでしょうか?

猪俣隆

彼もまた期待されながら阪神に入団しましたが、成績だけを見ると大きく負け越しています。。

猪俣もまたそれ以外のシーズンは散々たる結果でした。。

度重なる怪我や、フォームの改良…いえ、改悪で最大の武器であった変化球のキレや、制球力まで低下、大学同期入団の阿波野秀幸(亜細亜大学 – 近鉄バファローズ)、西崎幸広(愛知工業大学 – 日本ハムファイターズ)らと並んで“トレンディエース”と謳われた一角と言われていた実力派投手の影は、見る影もありません。。^^:

しかし、これはもしかしたら背番号が関係している可能性も、なくはありません。

猪俣の阪神時代の背番号は、17と25でした。

この2つの背番号は、阪神では不吉な背番号としてのジンクスがありました。。

その背番号の不吉さを一緒に背負ってしまっていた、という理由もあるかもしれませんね。

しかし、今ではお寿司屋さんとしてアメリカで働いて、その手はお寿司を握っています。

もし、渡米することがあればぜひ、彼とコミュニケーションを取り当時の阪神時代の話でもしたら和むとおもいます!

今後の活躍に期待です。

コメント