【自宅は六甲?】井川慶/なぜ全盛期の球種やチェンジアップが凄かったのか!?

阪神選手2000年代
虎次郎
虎次郎

今回は井川慶の自宅は六甲にあるのか?全盛期の球種やチェンジアップがなぜ凄かったのか検証していきたい!

井川慶の自宅が神戸の六甲アイランドであるかの噂がありますが、その真相や長らく阪神で左のエースとして君臨していましたが、彼の最大の武器だった球種のチェンジアップは打者がわかっていても打てないほどでした。

その魔法の球種を持っていた井川慶が、当時どのようにして打者を手玉に取っていたのか?

なぜ相手は打てなかったのか?

この辺を追求していきたいとおもいます。

井川慶の自宅は六甲アイランドの噂!?

虎次郎
虎次郎

現役時代、オリックスに3年ほど滞在した後、井川は独立リーグである兵庫ブルーサンダーズへと移籍しました。

井川慶

井川慶

その際に、家族とともに神戸市内へと移住し、2021年からテレビ出演や評論家など、数々のメディアに出演。

以前のように、収入が全くない生活とは違い、ちゃんと収入を得て生活しているようです。

では、その井川慶の自宅は神戸市のどのあたりにあるのか、少し調べてみました。

どうやら、井川は独立リーグに所属していた際に、子供と一緒に六甲アイランドのランニングコースに、ちょくちょく出かけていたようです。

メディアに出た時にインタビューを受けていた場所が兵庫県神戸市と言うこともあり、風景も六甲アイランドシティぽい風景でした!

井川慶/兵庫県神戸市

井川慶/自宅・六甲アイランド

井川慶/自宅・六甲アイランド

井川慶

井川慶

おそらく、この風景からして井川慶の自宅は六甲アイランドにあるんではないか?と言うことが推測されます。

六甲アイランドと言えば、神戸市にある人工島で、現在はおよそ2万人ほどが生活している住宅街なので、井川が神戸市に住んでいるという情報もあることから、おそらくこのあたりに、自宅があるのではないでしょうか?

2020年にYahoo!NEWSで掲載されていたコラム記事によりますと、井川はテレビ番組「炎の体育会TV」のオファーを受け、トレーニングを再開していました。

約三か月にも及ぶブランクで、身体は完全に固まっており突然動かそうとすれば、いたるところが張って痛みすら伴ってしまう場合があります。

さすがに、アスリートであった井川もトレーニングの最中に「しんどい・・・」と漏らすほどだったようです。

しかし、それでも井川は毎日、チームの若手メンバーとともにトレーニングに励み、子供が待つ上へ帰ると、今度は息子とともに六甲アイランドのランニングコースへと出かけ、1周5キロのコースを子供とともに走破していたそうです。

2020年ですと、井川はちょうど40歳。

そろそろ、体も動かなくなってくるころに、毎日5キロを走破できるのは、さすが元アスリートというべきでしょうね^^

井川慶/なぜ全盛期がヤバかったのか?20勝時はお手上げだった!

虎次郎
虎次郎

井川慶は、最速151km/hにも及ぶストレートと、フォークボールと見まごうほどのチェンジアップ、そしてスライダーを武器にしていました。

全盛期の井川はこちら!▼

出典https://www.youtube.com/

しかし、あえて言うならばその三球種のみで、現役時代を走り続けているのです。

高校時代は、「高校生左腕三羽烏」とも呼ばれ、高校三年生の春のセンバツ時には、7回参考ながら、18三振を奪う完全試合を達成するなど、その実力は既に折り紙付きでした。

更にそのスタミナも、もはや無尽蔵とでも言わんばかりのもので、2002年度から200イニング近い数値を毎年のように叩き出し、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率と数々のタイトルを獲得。

沢村賞にも選ばれたことがあり、もはやセリーグにおいては、敵なしと言ってもいい成績を収めていました。

井川慶/全盛期

特に、チェンジアップに関しては解っていても打てないと言われるほどの切れ味であり、あの松井秀喜や清原和博など、名だたる打者ですら翻弄されるほどでした。

2007年、メジャーへと渡るのもこの成績ならば、当然と言えたでしょうね。

井川慶の球種(チェンジアップ)は判ってても打てなかった・・

虎次郎
虎次郎

井川のチェンジアップは、「所謂サークルチェンジ」と言われているものです!

出典https://www.youtube.com/

サークルチェンジとは、シュート回転しながら沈んでいくチェンジアップで、握り方がOKサインに似ていることから、別名「OKボール」とも呼ばれています。

ボールを握った時、親指と人差し指でOKサインを作り、親指だけをボールの縫い目にかけて、それ以外の指は縫い目に掛けず、深くボールを握る、というものです。

おそらく、ゲームなどで名前だけは知っているのではないでしょうか。

井川慶/チェンジアップ

井川慶/チェンジアップ

更に、井川の場合はストレートを投げるように、強く腕を振りながら、リリース直前に掌をキャッチャーの方に向け、目の前でスライドして投げる、といったもののようです。

例えていうならば、ガラスをぞうきんで拭く、といったイメージで投げていたそうですよ。

これにより、抜いた際に独特の変化が生まれ、それが打者にしてみたらまるでフォークボールのように、目の前から消えるような錯覚に陥り、バットが空を切るのでしょうね。

■制球力がヤバかった阪神ピッチャー一覧!

藪恵壹

山本和行

中西清起

川尻哲郎

野田浩司

伊良部秀輝

小林繁

中田賢一

【井川慶・武勇伝】寮から出て行かなかった理由がヤバい・・

虎次郎
虎次郎

井川慶と言えば、そのマイペースな性格から数々のエピソードがあります。

例えば、サインボールがあまりに単調でヤバいため、複製品が多数オークションに出回り、それを自ら通報するといった、マイペースな性格があだとなっているものが多数を占めています。。^^:

井川慶/サインボール

出典http://2chart.fc2web.com/

その中で、一つ阪神が所有している選手寮についても、エピソードがあります。

虎風荘

出典https://www.daily.co.jp/

阪神には、「虎風荘」という選手寮があり、阪神の若手選手は子の寮で生活をしていました。

それはもちろん、井川も同じで入団から2003年まで、ずっと選手寮で生活していたそうです!

しかし、2003年に阪神が18年ぶりの優勝を決めた際に、最多勝利である20勝を上げ、一億円プレーヤーの仲間入りを果たした井川ですが、その際に退寮するように言い渡されています。

しかし、それを井川は「快適だから」という理由で拒否。。

門限など厳しい制限があり、選手たちは時には結婚までして退寮を早めるものなのですが、井川だけは寮からなかなか出ていかず、優勝後ようやく球団が追い出すように、井川を退寮させたとか。。

しかし、その際も

「甲子園の駐車場にプレハブ小屋を立ててほしい、そこに住む」

とごねたそうです!

いくら住むところにこだわりがないとはいえ・・。。^^:

ポスト井川慶である高橋遥人に期待

虎次郎
虎次郎

2017年、清宮ドラフトとも言われたドラフト会議で、阪神は高橋遥人を二位指名。

奇しくも、ドラフト二位で左投手、更には背番号まで、井川慶と全く同じ流れでの阪神入団と相成りました。

そんな経緯と、ボールの制度やマウンドでの飄々とした立ち振る舞いなど、共通点も多く、いつしか高橋は「井川二世」と呼ばれるようになりました。

高橋遥人

現在、高橋はトミージョン手術により、戦線を離脱していますが、150km/hを超えるストレートと、キレのあるツーシームは必ず、阪神の戦力となってくれるでしょう。

怪我を直し、再び戦線に戻ってきたとき、井川と同じように20勝を達成する、大投手になるのかもしれませんね!

コメント