【息子は真司!】村山実の妻(嫁)は孝子と富子!?家族構成は?

阪神選手70年代
虎次郎
虎次郎

今回は元阪神監督だった村山実の息子や嫁(妻)などの家族構成をピックしていきます!

村山実さんと言えば既に他界してしまいましたが、名投手として数々の武勇伝があります。

私生活では、息子さんや子供は現在何をしているんでしょうか?

また、嫁さんにまつわる家族関係などを今回は調査していきます。

村山実の息子(子供)は村山真司!どんな人?

虎次郎
虎次郎

二代目ミスタータイガースとして、1959年に入団し72年まで活躍を続けられていた村山実さん。

出典https://www.youtube.com/

61才という短い生涯を終えてなお、ディープな阪神ファンの中には、名前を憶えている人も多いでしょう。

そんな村山さんですが、実は家族構成については中々知られている人は少ないのではないでしょうか。

実は、村山さんは現役時代に一人息子が生まれていたようです。

その方の名前は、村山真司(58)さん。

前妻である富子さんとの間に生まれた真司さんが生まれて間もなく、富子さんが亡くなってしまい、しばらくは男手ひとつで、村山さんは真司さんを育てていたようです。

それは64年、太洋ホエールズがマジック4となり、阪神との直接試合の直後でした。

試合は終盤に阪神が太洋を突き放し、見事勝利(勝利投手・バッキー。阪神が誇る初の外人沢村賞投手)した阪神。

その歓喜の輪に、とある訃報が伝えられます。

それは、当時の村山さんの奥さんであった富子さんが、自宅で亡くなっているのが見つかったという一報でした。

村山実/死去

現在はYouTubeで活躍為されている、元ロッテの里崎いわく、野球選手の一日はかなり多忙を極めるそうです。

朝一番にミーティングをするために球場入りし、練習をこなしたあとでまたミーティングをし、ナイターゲームに参戦した後は、その日の試合を振り返るために下手をしたら深夜まで球場に残っていることもあるそうです。

当時もそんな生活をしていたと思われるのは、村山さんが試合が終わり、自宅に帰ったあたりの時間帯で、まだ赤ん坊だった真司さんを背負って公園を散歩している姿が目撃されていたようです。

そんな深夜にもかかわらず、我が子との時間を大切にするなんて、村山さんはすごくいい父親だったんでしょうね。

その真司さんですが、現在は大阪の読売テレビに入社し、スポーツ制作センター局次長兼スポーツ部長という役職についておられるようです。

村山実/息子

村山実/息子

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

以前放映されていた、週刊トラトラタイガースという番組の制作に携わるなど、父親が活躍した阪神タイガースにかかわるお仕事を為されていたようですね。(現在は版踏みは終了しているようです。)

村山実/息子

村山実/息子

出典http://dictionary.sensagent.com/

また、その息子である当時18才の直之さん(村山さんのお孫さんにあたります)は、2015年に行われた永久欠番デーに、父・真司さんに代わり出席為されている姿が確認されています。

その時に、お孫さんはその後のインタビューで、こう答えられていたようです。

『こういう日を迎えられて、感謝しています』。

お孫さんの姿を見られて、きっと村山さんも天国でほほ笑んでいたことでしょう。

村山実の妻(嫁)は村山富子と村山孝子!?既に他界していた・・

虎次郎
虎次郎

村山実さんには、二人の嫁さんがいました。

一人は村山富子さん、若くして自ら命を絶ってしまった一人目の奥さん。そしてもう一人は、村山孝子さんです。

村山実/嫁

村山実/嫁

孝子さんはもともと、亡くなった一人目の奥さんである富子さんの忘れ形見である真司さんのベビーシッターでありました。

真司さんの世話だけでなく、亡くなった前妻の富子さんの仏壇を丁寧に掃除したり、真司さんも孝子さんに随分と懐いていったようです。

そんな孝子さんに惚れたのか、それとも真司さんのためなのかは定かではありませんが、村山さんは再婚し、真司さんの二人目のお母さんとなったのです。

88年、監督に就任した村山さんを支え続け、たった二年で監督を退くことになってしまった村山さんを励まし、非常に仲睦まじい雰囲気のご夫婦であったようです。

93年、村山さんが殿堂入りした際も付き添い、笑顔を浮かべながら付き添う姿も、そして95年にあった阪神淡路大震災の際に、怪我をしてしまった村山さんを傍で支えつけるという、まさに良妻賢母というにふさわしいお方でした。

村山実

村山実

そんな孝子さんですが。2013年に、75才という年齢で亡くなってしまったようです。

村山さんが「たかちゃん」と呼び、敬愛していた孝子さん。

夫が亡くなっても、15年間という月日を頑張り続けた孝子さんに、ご冥福をお祈りします。

村山実の現在の家族構成は?

虎次郎
虎次郎

村山さんのご家族のことは、あなたはご存知でしょうか?

現役当時、富子さんという奥さんをめとり、その間に生まれた真司さん。

富子さんとの間に生まれたのは真司さんただ一人で、非常に難産であったとのことです。

その難産を乗り越え、生を受けた真司さんですが、その後富子さんは「難産だったので、もう子供は望めないだろう」と診断されてしまい、ショックでノイローゼになってしまったそうです。

村山実

村山実

それが原因だというのは、村山さんの言葉ですが自宅で若くして亡くなっている富子さんの忘れ形見である真司さんを、村山さんは非常に大切に育てていたようです。

登板後、帰宅した村山さんは夜泣きをしてしまう真司さんをおぶさり、深夜の公園に連れて行ってあげたという逸話もあるほどです。

そんな姿を見かねてか、村山さんの知人がベビーシッターを紹介してくれました。それが孝子さん、のちに二人目の奥さんとなる方です。

子供だった真司さんは、孝子さんに非常によく懐いたそうで、村山さんも非常に安心して我が子を預けられたんだと思います。

加えて、亡くなった富子さんの仏壇の掃除も綺麗にしてくれ、そんな孝子さんに村山さんも恋心を抱くのに、時間はかからなかったでしょうね。

二人はいつの間にか恋愛関係となり、夫婦となったようです。

そして月日は流れ、真司さんには息子の直之さんが生まれたようです。

2015年3月の阪神タイガース「永久欠番デー」に、父・真司さんの代わりに18歳の孫・直之さんが出席為されていました。

村山実

村山さんが亡くなった西暦が1998年ですから、たった一年だけとはいえお孫さんの顔を見られた村山さん。

そのお孫さんの成長した姿を、甲子園で見られたこと、きっと天国でとても喜んでおられたでしょうね。

村山実の逸話がレジェンド級なのがよくわかる・・

虎次郎
虎次郎

デビュー戦から、村山さんはエンジン全開でした!

出典https://www.youtube.com/

59年4月14日の国鉄スワローズ戦(現在のヤクルトスワローズ)で初登板を果たした村山さんは、いきなり6回までをパーフェクトにに、9回2安打という快投でプロ初勝利を初完封で飾ります。

この1勝を皮切りに、一気に当時の阪神タイガースの先発ローテーションに食い込んだ村山さんは、その年にいきなり18勝を挙げ、最優秀防御率と沢村賞に輝きました。

しかし、その年に新人記録の31本塁打を記録した桑田武さんが新人王を獲得し、プロ野球で唯一「沢村賞を獲得しながらも新人王の獲得を逃した」という珍記録を打ち立ててしまいます。

さらに、同じ年の5月21日の巨人戦。

村山実

9回までをノーヒットピッチングに抑えながらも、失策が絡み失点を喫してしまったことで、「ノーヒットアリラン」という珍記録まで打ち立ててしまいます。

さらに、同じ年の6月21日。

天皇陛下もご覧になられた天覧試合にて、村山さんは長嶋茂雄さんにサヨナラホームランを打たれ、敗戦投手になってしまいます。

この時から、村山さんは長嶋茂雄さんは生涯のライバルとして意識するようになったといいます。

しかし、村山さんはあのサヨナラホームランはファールだったと障害曲げることなく言い続けていました。

62年、この年の阪神は当時ON砲と言われた一角、長嶋茂雄がスランプに陥り、打率3割を切るなど常勝軍団が調子を落とす中、太洋ホエールズとの激しいデッドヒートを繰り広げていました。

その当時の監督であった藤本定義さんは、村山さんと小山正明の両エースの登板間隔をあける先発ローテーションを実施し、見事に的中させました。

村山実

その結果、阪神はその年に見事優勝を果たし、村山さんは366と3/1回を投げ25勝14敗、防御率1.20、265奪三振という成績を残し、見事MVPに輝くことになったのです。

そして63年、リリーフとして登板した際に主審に際どい球をボールと判断され激高、「わしらは1球に命を懸けとるんじゃ!」と激しく抗議し、退場処分をなってしまいます。

号泣しながらマウンドを去っていく村山さん、その姿はのちに「涙の抗議」として語り継がれています。

■村山実と同様に燃えたタイガースピッチャー一覧!

⇒小林繁

⇒江本孟紀

⇒伊良部秀輝

⇒小山正明

⇒川尻哲郎

⇒仲田幸司

⇒猪俣隆

ガンで亡くなった村山実にご迷惑を祈りたい

虎次郎
虎次郎

98年、村山さんは61才という若さでこの世を去りました。

「ゲームセットがプレーボール」

「涙でサインが見えへんから、投げる球は一つだけや」

「タイガースは、私の血であり肉であり、命だ」

数々の名言を残し、長嶋茂雄さんとの正々堂々とした勝負の数々。

そして何より、「わしらは一球に命を懸けとるんじゃ!」の言葉を体現する、通称ザトペック投法と呼ばれている全力投球。

村山実

身長は175㎝と、決して恵まれた体格ではなかったものの、その速球は160キロにも迫るとも言われていました。

炎のピッチングで阪神の勝利に貢献した小林繁さんも熱かったピッチャーでした!

そして何より、藤田さんから「お前は掌が大きい、だから指が長い。ボールを挟んで投げる練習をしてみろ」と言われたことがきっかけで編み出した魔球、フォークボールで打者をきりきり舞いにさせ、2リーグ制で唯一ただ一人、規定投球回に達成しながらも、防御率0点台(0.98)を記録。

この記録は、今なお破られてはいません。

阪神の永久欠番である11を背に、14年間選手として、また2年間監督として戦い続けた彼は、今はどんな思いで野球界を見ているのでしょうか?

いずれ、この記録が破られることを期待して、ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント