【自宅はどこ?】小山正明の2022現在は休養?解説がようわからん!?

阪神選手60年代
虎次郎
虎次郎

今回は元阪神の小山正明の自宅や2022現在の活動、解説者としての評判などをピックしていきます!

小山正明さんと言えば「精密機械」の異名をとり、阪神のピッチャーでは沢村賞を獲得するなど大投手として知られてきました。

近年、現在はサンテレビボックス席で解説者として活動したり、「自宅」のワード出現から豪邸?の推測などもあります。

そんな小山正明さんの現状をリサーチしてみます。

小山正明の2022現在の活動は?休養中?

虎次郎
虎次郎

阪神ファンとして、テレビで中継を見ることはや10年。コロナの影響で寂しい甲子園を見る事にもそろそろ慣れてきたころ。


出典https://www.youtube.com/

この記事を書き始めるにあたって、ふとそう言えばと思い、小山正明のことが頭をよぎりました!

実のところ、この記事を書こうと思うに至るまで、つい解説者の名前を調べたりすることなどなかったので、いい機会と思い現在も活躍しているのかと、確かめてみることにしたわけです^^

小山正明

ネットで検索をかけ、いろいろと調べてみるとわかったことは、2017年を最後にサンテレビのレギュラーから勇退されているということらしい。。

なるほど、それなら確かに2021年のサンテレビでも、その声を聴くことはなかったわけかと、自分は納得するのでした。

小山正明

出典https://www.nikkan-gendai.com/

ただ、youtubeの番組の所々に、ゲストとして参加しているところを見ると、まだまだお元気であるようで、ちょっと一安心です。

今ではすっかりとどんな解説だったのかは、記憶の彼方に追いやられているので思い出せることは全くと言っていいほどないんですが、後々調べていけば何かわかるのだろうかと思い、次に進むことにしましょう。

小山正明の自宅はどこ?なぜワードが?豪邸?

虎次郎
虎次郎

さて、その小山氏の自宅であるが…いや、こんなことまで調べるのかというのはさておいておいてください^^:

自分は知りたがりなのだ、一度調べてみると面白いことを次々と発見できるのが楽しくてしょうがないんです!

さて、まずはどのような家に住んでいるのかさっそく検索してみることにしましょうか?

そもそも、まず小山正明さんに「自宅」のワードが出現しているんです!なぜなのか?

小山正明 自宅ワード

小山正明 自宅ワード

なるほど、名だたる選手の方々の豪邸が紹介されているようで。

そしてその見出しの中にありましたよ、小山正明さん。

どうやら、2001年に野球殿堂入りしているらしく、その表彰者の自宅公開ということで写真がアップされているらしい…のですが。

小山正明 自宅?

小山正明

出典https://ameblo.jp/

サイトを見る限り、どうやら小山正明さんの自宅の画像はアップされていないようです。。

他にも調べてみるものの、ついぞその画像は出てくることはありませんでした。

しかし、これは自分の勝手な妄想なのですが。

ここに乗っているということはおそらく、かの御仁も相当な家を建てているに違いない!と、自分は妄想を膨らませるわけです。

小山正明のサンテレビ解説がようわからん?意味不明?

虎次郎
虎次郎

よし、次はいよいよ解説がどんなものだったのか調べてみることにしよう。

もう10年ほど、解説を聞いている自分だが、本当にどんな解説だったのか思い出せなくなってしまっているわけです。

出典https://www.youtube.com/

 

さすがにもう5年以上声を聞いていないと記憶もなくなってしまうというもの、これはさすがに許してください。。^^:

さて、いろいろと調べてみたのだが、小山正明さんが解説をしている場面の意見や感想などをユーザー目線でチェックしていきたい。

SNS上ではいろんな解説の意見が。。

小山正明 解説

しかし、とある掲示板に小山さんの解説がどのようなものだったのかをかいつまんで説明している一文を見つけたわけです。

どうやら、割と横柄というか…あまりいい情報は得られませんでした。。

しかし、それでもやはり野球人として備えた知識はかなりあるようで、的確に的を射た解説をなさっていたようです。(違う意味で。。)

小山正明 解説

 

惜しくらむは、その場面をどこかの動画チャンネルで見つけられなかったところでしょうか…ウーム。

なので、別のチャンネルでその姿を見せてくれる小山さんを見て想像させてもらうことにしました。

なかなか、高齢にもかかわらず、はきはきとしゃべっていて自分はわかりやすい、というような印象を受けたわけですが。

いや、むしろ一緒に解説している川藤さんとも普通にしゃべれているし、今でこそこんなやわらかくなったのだが、当時はそんなことはなかったのでしょうか?

これは気になる、もっと調べて見ることにしましょう。

解説が難しすぎて実況もタジタジになる場面が・・

虎次郎
虎次郎

しかしながら、自分はわかりやすい解説だと思ったのだが実際に実況していた方はどうだったのでしょうか?

基本的には、高齢者の解説者は昔の自分と比較して解説される方が多いので、ぶっちゃけ言えば今の令和の時代に自分と同じような成績を求めるのは酷です。。

時代が全く違いますから。。^^:

小山正明

例えるならば、3度の三冠王を取った落合さんの成績を選手に求めるのは酷と言うものです。。

特に小山さんはピッチャーですから、球種や持って生まれたコントロール、球のスピード、全てにおいてレベルが違います。

ですので、視聴者が同じ高齢者であれば小山さんの解説を評価すると思いますが、若者20代~30代の阪神ファンが小山さんの解説を聞いても、正直「?」の文字が浮かぶ事があると思います。。

たまに本人もタジタジになる事がありますが、あまりにも自分が選手としてやっていた時代と今の令和の時代が違うことにタジタジしているのかなと。。^^:

ぶっちゃけ小山正明ってどれほどスゴかったのか?

虎次郎
虎次郎

それでは最後に、この人がいったいどんな成績を残したのか、それを記してみようと思う。

とにかく検索して引っかかることは、精密機械であるということ。

自分のイメージなのだが、精密機械といえばコントロールが抜群であるというイメージが強い。

例えば、時速160キロの速球が毎回のようにコーナーに決まったりする、化け物じみたコントロール。

ゲームの世界のようなものなのだろうかともイメージしてしまう…さすがに過大すぎでしょうかね?(笑

小山正明

小山正明

そして、何より小山さん、日本球界で第三位に入るほどの勝利数を揚げていらっしゃる…。

なるほど、これなら確かに甲子園で最も勝った男と言われても、自分は納得できてしまうわけですね。

実は我が家には、歴代の監督とその順位が記されたポスターがあるのだが、小山正明がいた当時、阪神は2度優勝しているようです。

しかも、この方は1度30勝という、今では考えられないような成績を残しているということらしい。

なるほど、これなら野球脳が培われていても納得というものです。

しかし当時の阪神よ、なぜ小山さんを現在のロッテにトレードしてしまったのでしょうか?

今でいえば、昨年最多勝をとった雨柳さんこと、青柳投手を出してしまうようなものですよ。

勿論のこと、沢村賞も獲得されている!

しかもその当時の13完封というのは、沢村賞をとった投手の中で歴代最多であるらしい…お見事です。

現役の選手でここまでやれる投手は、今やアメリカに渡ったあの怪物くらいではないでしょうか。

小山正明

いろいろと調べてわかったのは、間違いなく小山さんは、現役時代はすごかった、というのは間違いないでしょうね。

なるほど、川藤さんが「生きた化石」を称賛するのも、無理はない話です。

ともかく、ちょっと調べてみるだけでも小山さんの投手としてのすごさは目を見張るものがありますね。

現役選手でこれだけの成績を残せる選手は、本当に限りなく少ないんじゃないでしょうか?

かの菅野投手や、我が阪神タイガースの眠れるエース、藤浪投手でもここまでの成績を残せるとは思えませんし、なによりこの成績なら、メジャーでも十分活躍できるような印象を受けました。

日本にも、すごいピッチャーがたくさんいたんだと、自分ははっきりと確信しましたよ!

コメント