【姉⇒兄弟ワード調査!】下柳剛と吉田麻也の衝撃的な事実!

阪神選手2000年代
虎次郎
虎次郎

今回は下柳剛には姉&兄弟がいる?、吉田麻也との衝撃的な事実について見解していきます!

下柳剛に姉や兄がいた事はご存知でしょうか?

また、サッカーの吉田麻也との意外な接点があった事はご存知でしょうか?

下柳剛の私生活には、色んな意外な事がありプロ野球選手として長年活躍してきたキャリアの中にはそれ相応の人間関係があるようですね。

今回はそんな彼のライフステージを見ていきたいと思います。

下柳剛に「姉」のワード?実際に姉がいるのか?

虎次郎
虎次郎

下柳剛の家族構成はあまり公にはなっていませんが、わかっていることは幾つかあります!

下柳剛/姉

下柳剛/姉

出典https://www.youtube.com/

先ず、幼い頃は両親が共働きであったことです。そのために、やむなく自炊を覚えるようになったようです。

下柳剛

下柳剛

他には祖父が漁師で、五島列島に住んでいたこと位ですが、こと兄弟や姉妹の存在はあまりわかってはいませんでしたね。。^^:

他のプロ野球選手も同様で、その兄弟が有名人でもない限り、家族全体がメディアにとりあげられることは少ないです。

下柳剛の姉が、クローズアップされるのは、後述するある有名なアスリートの母親であることが、後に知られることなります。

下柳剛

その選手の誕生年月から推測すると、1950年の後半から、1960年前半あたりの生まれではないのでしょうか?

結構、年の離れたお姉さんになりますね。姉は結婚してから、長崎市で離島から通えない高校生を対象にした下宿を経営しているそうですね^^

下柳剛/「兄弟」のワードも!兄は下柳洋!

虎次郎
虎次郎

下柳剛には、兄がいました。

下柳剛/兄弟

下柳剛/兄弟

引退して間もない2014年5月、テレビの取材で生まれ故郷の長崎にロケに行きます。

そこで、海軍長崎出島港に来ていた自衛隊掃海母艦「うらが」、を、取材しました。

なんとそこで下柳剛が、一日艦長を努めます!

下柳剛

下柳剛

その時同じく「うらが」に乗船していたのが、自衛隊の広報担当であった実兄の下柳洋でした。

2歳年上のようです。

下柳剛の兄/下柳洋

下柳剛の兄/下柳洋

出典https://ameblo.jp/

先の姉、兄、それから高校時代の思い出をかたる自伝の中で弟の存在もわかりました。

姉を筆頭に、あと少なくとも3人の兄弟から、構成されているようですね。

その姉の子供が、サッカー選手で有名な、吉田麻也ですね!

ですから、吉田麻也は下柳兄弟の中には入りませんが下柳剛からみれば、甥っ子にあたりますね^^

下柳剛/姉の息子が吉田麻也との噂も!マジ・・

虎次郎
虎次郎

吉田麻也は下柳剛の姉を母親のもと、長崎市で生まれました。3人兄弟の末っ子です。

下柳剛/吉田麻也

下柳剛/吉田麻也

出典https://www.youtube.com/

ネット上では下柳剛の姉の子供が吉田麻也ではないか?と言う噂もあるようで・・

下柳剛/吉田麻也

出典https://swallow.5ch.net/

当時下柳剛は、ノンプロ時代で新日鉄君津に所属していました。

90年に、ドラフト4位でダイエーに指名されます。千葉県君津市、そして福岡県福岡市と、あまり吉田麻也とは接点がつけられない日々を送っていたかと思われますね。

又、下柳剛が、頭角を表し始めた1993年は、Jリーグ元年。

サッカーが、非常に盛り上がった年でした。サッカーが、プロスポーツとして周知されてゆく時の流れ、そしてその中、先にサッカーをはじめていた兄の影響で小学校2年生から長崎市にある南稜FCで、サッカーをはじめていますね。

下柳剛

小学校6年の時、名古屋グランパスのU―15セレクションを受けて、意外にも合格。

その後は、愛知県で暮らして、2007年名古屋グランパスにて公式戦デビューを果たします。

その後は海外のクラブに所属し、ディフェンダーとしてオランダ、イングランド、イタリアを経て2022現在はドイツでプレーしています。

サッカー人気選手の総合ランキングサイトでは80位ですが人望はあるのでしょうね^^

下柳剛と吉田麻也との関係は?仲がいいのか?

虎次郎
虎次郎

二人の間柄が広く世間に知れ渡ったのは、つい最近のことです!

2020年3月19日、ABC朝日放送のニュース番組に、生出演した時です。

下柳剛/吉田麻也

下柳剛/吉田麻也

新型コロナが国内に蔓延しはじめており、それはイタリアでも同様でした。

下柳剛は、当時イタリア1部リーグ・サンプドリアにいた吉田麻也が、「隔離」を余儀なくされていることを話しました。

チームメイトに陽性反応が出たためです。

吉田麻也と親戚関係にあった下柳剛は、彼に連絡をとったところ、「3日、4日と監禁されたと言ってました。選手たちは、みんな個別にされている」、との状況を説明しました。

ただ、それはテレビで間柄を公表したのが初めて、ということにすぎません。

2018年9月に当時、イングランドのサウサンプトンに所属していた吉田麻也が、インスタグラムで二人の笑顔の2ショットを公開します。

下柳剛/吉田麻也

英語で「With my uncle」、そして「親戚の『お兄さん』が、イギリスまできてご飯をおごってくれた」と記されていました。「二人並んだら、やっぱり似てる」、とフォロワーからの反応も上々でした。

知られていなかっただけで、お互い働く場所は遠く離れていても、しっかり親戚付き合いはしてきたのでしょう。

叔父さん、甥っ子の良好な関係が見てとれそうな2ショットでしたね。

■下柳剛と共に戦った阪神選手一覧!

井川慶

桧山進次郎

片岡篤史

伊良部秀輝

藪恵壹

広澤克実

和田豊

濱中おさむ

田淵幸一

現役時代は熱き男だったが私生活では意外な一面も

虎次郎
虎次郎

下柳剛といえばあの髭面で、グローブを投げつける場面ばかり強調されますが、21年間も現役生活を続ける位の、タフな体力とそれを支えるトレーニングを続けた努力と情熱のある人です。

総合格闘技式の練習とか、普通のプロ野球選手では思いつかない方法で、自分を鍛えてきました。

下柳剛

しかしながら、一方であの風貌からは、考えられない一面をもっています。

アスリートの中でも、稀に見る愛犬家で知られているのです。

日本ハム在籍時代から、東京で鳥猟犬としての歴史を持つ、ラブラドールレトリバー(黒色)「ラガー」「ルビー」を飼っていました。

特に「ラガー」を自主トレーニングやキャンプ、馴染みの居酒屋に、いつも連れていくほどの溺愛ぶりが評判になっていました。

2003年阪神に移籍が決まった時、2005年に新築をたてるまでの間、都内の知人に彼らを預かってもらっていたようです。

2007年には、「ラガー」「ルビー」以外にも、「ラガー」の子供9匹を飼育していました!

下柳剛/愛犬

同年末にFA宣言をして、阪神と横浜の間で下柳剛の争奪戦が発生しました。

その時も下柳剛自身の気持ち、というより「ラガー」をどうしてくれるのか?が争点になったとか。。^^:

横浜は「キャンプに連れてきていい」、阪神は「世話をする人をつける」と提示をしてくれたので、阪神に残留したそうです。。

それだけ愛した「ラガー」も2013年7月に永眠します。

最後を、看取ることが出来なかった下柳剛は、後々まで悔いていたそうです。

一方で、聴導犬育成のための支援活動もしています。

自分と有志が出してくれた野球道具やTシャツを、オークションとして公式サイトに出し、収益金を聴導犬育成協会(長崎県で活動しているNPO法人)へ寄贈しています。

下柳剛

その時、「人間に捨てられた保護犬が、人間のために厳しい訓練を受け、純粋に働いている。捨てた人間は許せないが、同じ人間として罪滅ぼしではないが、すこしでも犬のためになれば」、とコメントしていました。

犬と一緒にいる時の下柳剛の表情は、いつも何とも柔らかいものでした。

それが、本来の姿でしょう。

それは、引退しても本業の野球解説以外に、料理やバラエティ番組を持たせてもらったり、五島市ふるさと大使にも選ばれていることが、何より証明しています。

グローブを投げつける不愛想な下柳剛は、本当の姿でないことをファンは知っているのですね^^

コメント